オリジナルのぼり作成

印刷の工程について

手軽に注文できるのぼり旗の印刷は、その工程に工夫があります。

 

通常の印刷における工程は、まずデータを使用して製版作業を行い、
印刷機にセットするアルミ版を現像により作製します。

 

のぼり旗の場合は大判プリンタを使用することで、このような工程を全て不要としています。
デザインデータをそのまま出力することで、のぼり旗を作成できるわけです。

 

この手軽さが納期の短さとなり、また1枚からの注文も可能としています。
オフセット印刷のような大量生産には不向きとなりますが、もともとのぼり旗はそれほどの枚数を必要とはしないものです。

 

またあらゆる使用目的に応じて、異なる素材の布にもプリンタできるのが特徴となります。
そこで必要となるデータは注文する際に必要となるものです。

banner

それを多数のサンプルを用意することで簡単に制作できるようにしているのも、
のぼり旗を手軽に依頼できるようになった理由です。


のぼりの制作の際には、少数でも十分な場合と、数百枚と
必要になる場合がありますが、枚数によって印刷方法を変えることで
コストをより低く製作することが可能なのです。

 

これまでのように、印刷に関する知識を不要とすることで需要を集めています。