オリジナルのぼり作成

アピールしたいこと 

鮮やかな色は人目を引くので、たとえ内容がわからなくても、
目立つ色の派手なのぼり旗ほど集客効果は高くなるといえます。


使用場所が屋外なら本数による連続性、または集合性の効果により
通りがかった人へのアピール効果はさらに高くなります。

高まる


そこでのぼりのデザインを考える前に、何をアピールしたいのかを考えることがポイントになります。


イベント性の高い物なら、同じデザインのものをたくさん揃えて集合体で人目に訴えかけます。


例えばレストランなどのように、食事時の時間帯に人を誘導し、集客できるような効果を
期待する場合には、お食事処やレストランなどに続けておすすめメニューの名前を掲げて
連続性で強調することにより宣伝効果を狙います。

鮮やか


作成する内容により、のぼり旗一本で効果をもたらすのか、違う種類を複数並べるのかで
一枚の内容は全く違ったものになってきます。


人目を惹きたいがために構成が複雑になって、逆に見にくくなるというようなこともあるので、
シンプルな構成で協調したいポイントを押さえていきます。


内容はメニューなどがあれば、おすすめの商品や人気のある商品などを
ピックアップしていき、絞り込んでいきます。


のぼり旗をデザインする前には、旗そのものの規格やサイズなども考慮に入れて
アピールしていきたい内容を効果的にまとめ、本来の営業での集客やイベント内容など
目玉となる文字列に仕上げていきます。


見た瞬間に何かがわかり、判断材料になる素材が提供できることで、高い宣伝効果も期待できます。